スマホサイトは作るべき?

最近よく、「スマホサイト作ったほうがいいですか?」と聞かれます。 猫も杓子もスマホサイト、という感じで、やたらスマホサイト推しの営業も増えているようで、実際のところはどうなの?ということで気になるようですね。 ただ、自社にとって本当にスマホサイトが必要かどうかは、なかなか判断できないという人も少なくないのではと思います。 「スマホサイトは本当に集客の役に立つのか?」と考えると、勢いだけで作ってしまえというわけにもいきません。とは言っても、「早く導入した方がいいよ」という業界も存在するので、どう判断すればいいのかという基準をお話ししていきたいと思います。
スマホ普及率は前回調査を20.2ポイントも上回る

総務省の「平成25年版 情報通信白書」を見てみると、スマホの普及状況も平成24年末で49.5%と、前回を20.2ポイントも上回るという跳ねっぷりです。ガラケーを持っている人に出会うと、思わず「え、まだガラケーなの?!」と言ってしまいそうなくらいスマホが爆発的に増えているのは確かです。

さらにインターネットの利用状況を見てみると、「インターネット利用端末の種類(平成24年末)」では、スマホからのインターネット利用は31.4%という状況で、自宅のパソコンからの59.5%と比べると、だいぶ差が詰まってきているなという感じです。 こういった統計情報を見ていると、ますます、「スマホサイト作ったほうがいいかな?」という気持ちになってしまうかもしれません。しかも、今あなたの集客が上手く機能していないとなると、スマホサイトと言う新しいツールは、あなたにとって魅力的に映るかもしれません。

ただ、こういった統計だけで話をしても、結局のところ、作ったほうが良いのかどうかはわからないですよね。

そこで、作ったほうが良いのか?を簡単に判断できる便利なツールがあるのでご紹介します。 それは、コレです。
キーワードアドバイスツールを使う
Yahooのキーワードアドバイスツールを使えば自分の会社やお店はスマホサイトを用意した方が良いかどうかの一応の目安が立てられます。 キーワードアドバイスツールといえば、SEOだったりPPC広告の際の、キーワード選定のために使うものという感覚が強いかもしれませんが、この辺はさすがYahooです。キーワードを調べると、スマホからの検索需要がどの程度かを表示してくれるのです。 キーワードに対して、「PC・タブレット」と「スマートフォン」そして「モバイル」というふうに、それぞれの検索需要がどの程度を示してくれます。 例えば、キーワードを「ホームページ制作+東京」で調べてみると・・・ スクリーンショット 2014-11-13 23.36.15 スマホの検索需要がまったくといっていいほど少ないことがわかります。このような状態であれば、特に慌ててスマホサイトを作る必要はありません。 では、キーワードが「柏+居酒屋」だとどうでしょうか。 スクリーンショット 2014-11-13 23.39.12 今度は、月間検索数3900に対して、半分以上がスマホということがわかります。このような状態であれば、スマホサイトの導入を積極的に考えても良さそうです。 このように、あなたが使うキーワードで、スマホでの検索需要が多いかどうかを見れば、簡単に判断基準を設けることができます。 実際のところ、多くのキーワードでは、スマホでの検索需要はPCに対して10%〜多くても20%程度といったところですが、キーワードによっては、既に半分以上がスマホというキーワードがあることも事実です。自社のキーワード戦略を見極めた上で、そのキーワードのスマホ検索需要を調べれば、今やるべきか、それとも他に投資をするべきかの判断材料になると思います。
まとめ:大事なのは、見込み客にアプローチできるかということ
スマホもそうですが、このように時流に乗っているツールやデバイスがあると、集客に取り入れた方がいいのかということを迷うと思います。 ただ、一番大事なことは、あなたの見込み客にアプローチできるかどうかです。 これは、今回お話ししているスマホに限った話しではなく、どんな媒体、ツールを使う場合でも大切な事です。ですので、自分がアプローチする見込み客が明確になっていれば、流行りのツールなどに振り回されることもないといえるのではないでしょうか。

この記事が役に立った。誰かの役に立ちそうと思ったら是非シェアをお願いします!

集客の突破口を開くメルマガ
登録はこちらから

登録はこちらのフォームから。

メールアドレス 必須 

お名前(姓)

ABOUTこの記事をかいた人

K.take

PLUS SPIRAL 代表
2006年に未経験で飛び込んだWEB業界。当初は制作を中心にWEBクリエーターとして活動していましたが、2012年から本格的にWEBマーケティングを中心に中小企業や小さな会社向けに集客サポートを提供しています。
最近パートナーと一緒に「まちしるべ」という地域情報サイトを立ち上げました。