コンセプトを売れ?!

なぜ、売れないんだろう? 商品はこんなに良いのに・・・ 使って貰えれば、実感してもらえるのに・・・

こんな風に悩んでいませんか?

もしかしたら、あなたは商品がよければ売れる、 そう思っているのではないでしょうか?

でも、そう思って良い商品、良いサービスを 作り、それを一生懸命伝えれば売れるというのは 幻想にすぎません。

商品を売るな、コンセプトを売れ これは、営業の世界なんかでは昔から よく言われている言葉です。

僕も昔、そんな風なことを教わった気がします。

では、コンセプトってなんでしょうか?

ここで勘違いしてしまうのが、その商品の 開発コンセプトとかを話しちゃうこと。

ただ、それ自体がお客様と商品の間に 「壁」を作ってしまうのです。

なぜだと思いますか? これは、簡単に言うと「共感」できないからです。

どれだけ優れたコンセプトだったとしても、共感を 得ることができなければ意味はありません。

同時に、共感できないということは、お客様に取っては 押し付けられているのと同じと感じてしまいます。

じゃあ、どうすればいいのか?

しつこいくらい言っているような気がしますが・・・ お客様は別に商品が欲しいわけじゃありません。

欲しいのは結果です。 つまり、悩みや問題の解決策だったり、願望を叶える方法だったり。

商品はそのための「手段」にすぎないということです。

だから、得たい結果が手に入るのであれば「手段=商品」 は何でもいいということです。

新規のお客様の場合、あなたの商品を知らない人の方が 圧倒的に多いので、ハッキリ言って商品名を出して、 特長やコンセプトを語っても反応を得ることは難しいです。

あなたの商品やサービスが、お客様に何をもたらすことができるのか? それを「解決策」として望んでいるのは、どんなお客様なのか

まずは、そこにフォーカスしてみましょう!

集客の突破口を開くメルマガ
登録はこちらから

登録はこちらのフォームから。

メールアドレス 必須 

お名前(姓)