検索エンジンを使う理由を考えれば、必然的にそうなるということ

  • キーワードはお客様の質問
  • ホームページはその回答
これは、検索エンジンを使う理由を考えれば、 必然といえるのですが、この考え方はSEO的 視点でも有効になってきます。 おさらいすると・・・ 検索エンジンが最も使われるケースを 考えてみてください。 「調べ物」がほとんどです。ほとんどというか、 全てと言っても言い過ぎではないでしょう。 では、どんなことについて調べているのか? その、どんなことというのが、つまりキーワードです。 ホームページのキーワード設定は大きく分けると 2つの種類があります。 1つは、商品名やサービス名を、あるいは製品名を 軸としたキーワード。 この場合は「購入」を前提としてるケースも多いです。 キーワードとしては「商品名+購入」など。 もう1つは、悩みなどを軸としたキーワードです。 「◯◯+原因」「◯◯+解決策」などです。 それでは、話を戻しましょう。 このようにキーワードを見ると、 お客様がどんなことを知りたいのか? あるいは何をしたいのか?ということが わかると思います。 単純に考えれば 「MacBook Air+購入」というキーワードなら Macbook Airを買いたいということです。 この場合は、質問に対する回答は、購入するために必要な 情報をしっかりと用意してあげることとなります。 それでは、「MacBook Air+使い勝手」というキーワード だとしたらどうでしょうか? この時点では、購入の意思決定はしていませんが、キーワード から想定できるのは、MacBook Airの購入を考えているが 使い勝手が不安だから知りたいのかもしれません。 もしかしたら、初めてMacの購入を考えているのだとしたら Windowsから乗り換える不安を解消し、それができれば購入に 踏み切ることを考えているいるわけです。 このように、キーワードの持つニーズを調査して行くことで 「質問への回答」を、より的確な方向へと近づけていけます。 さて、ここまでが前置きです。 キーワードはお客様の質問、ホームページはその回答という考え方が、 なぜSEO的にも効果的なのかということです。 その背景にはGoogleが目指しているもの それに対してGogoleが求めているものがあります。 その詳細についてはまたの機会ということで、 細かい話はここでは割愛しますが 例えば、Googleは、常に「より良い検索結果」をユーザーに もたらしたいと考えています。 より良い検索結果とは、キーワードのニーズを満たすことの できるサイトを的確に検索リザルトに表示するということです。 ということは・・・ そう、もうお分かりの通りなのです。 この部分を意識して、サイトを制作して行くことがSEO的にも 非常に大きな効果を現してくるということです。 この部分とは
  • キーワードはお客様の質問
  • ホームページはその回答
逆に、この部分を疎かにしてSEO対策に力を入れたとしても それは、小手先のテクニックだけに頼ったSEOです。 そうなると、いつ受けるかわからないペナルティに怯えながら サイトを運営することになってしまいます。 しかし、基本にのっとって考え、施策を施していくとどうなるか その結果は待っているのは「三方良し」という結果です。 ユーザーにとってもメリットが高いコンテンツ 検索エンジンにとってもメリットが高いコンテンツ そしてあなたにとっても、売り上げという大きなメリットをもたらす コンテンツになります。

この記事が役に立った。誰かの役に立ちそうと思ったら是非シェアをお願いします!

集客の突破口を開くメルマガ
登録はこちらから

登録はこちらのフォームから。

メールアドレス 必須 

お名前(姓)