もうスマホを落としくたくないならGRIPMANはおすすめ。車載ホルダーにも最適です!

こんにちは。
ここのところ投稿する内容が商品やサービスの紹介になっている。。。

僕の友人が扱っている商品やサービスなのですが、マーケッターとしての視点は一切無視して、純粋にその商品やサービスを楽しみながら書いています。

今回は株式会社マルシュウさんの「GRIPMAN」(グリップマン)。
Amazonでも販売しているので、ご存知の方もいるかもしれませんが、こいつをレポートしちゃいます。

GRIPMANとは一体なに?

このカラフルなドーナツ型の物体。

一体なにに使うのかというと目的はスマホの落下防止ということです。本体はシリコンラバーでできていてスマホの裏にペタッと貼り付けるだけで、手が小さな女性でもスマホのホールド性が格段に良くなるし操作もしやすくなるという優れものです。

ちなみに僕は現在iPhone6sを使っていますが、PLUSにしなかった理由は手が小さいからです。あのディスプレイサイズはちょっと魅力だったのですが、iPhone5から6にしただけでも「デカ、ちっと手が辛いな」と思ったぐらいですから。

普通に持っていると片手では親指が届かなくて辛いぐらい男子としてはかなり手が小さい方なわけです。

そういったわけで、手の小さい人にはもしかして結構いいかも!?

しかし、問題が・・・

スマホの裏に貼りたくない!!

なぜなら、(前回の記事)で御覧いただいた通り僕のスマホは背面に彫っているのです。

もしGRIPMANを貼ってしまったらこの素敵な(自己満足な)彫り物が見えなくなってしまうではないか・・・。

iPhoneをレーザー刻印で世界に1つのオリジナルに!

2016.11.30

そこで、100均のスマホカバー登場です。

こいつにGRIPMANを貼り付ければ万事OK!
これでモノモスさんで加工してもらったiPhoneのレーザー刻印も隠れることなく使えます。

かさばる不安も意外と問題なし

これまで、スマホの裏に何かを貼り付けるということをしたことがないので、かさばらないかちょっと不安も・・・。
ポケットに入れるときなんか気にならないかなとか、引っかかって邪魔じゃないかなと思ったけど、そうでもありませんでした。

装着した場合、装着部分の厚みが約2倍強になりますが、ジーンズのポケットに入れても大して違和感はありませんでした。まぁ、最近のスマホはどんどん薄くなって、薄すぎて持ちにくいということもあるので、程よい厚みが意外としっくり来るわけです。

また、ケースに装着して使用することで、手持ちのスマホ用の三脚に装着するときも邪魔にならないかな?という不安も解消。

手持ち時のホールド性の良さの方が上回る感じで悪くないです。

でも実は、本当にやりたかったのはこれなのだ

とは言っても、僕の本当の目的はスマホのホールド性を高めるということよりも、こいつとの組み合わせで車載での使用です。マルシュウの亀井さんから「車用のホルダーもありますよ」と言われた瞬間にちょっと食いつき気味になったのは実はヒミツです(笑)

GRIPMANカーマウント。

これを車に貼り付けることで、GRIPMANが車載ホルダーに変わるという優れもの!

早速試してみました。

カーマウントを付属の両面テープで車に貼り付け、GRIPMANをつけたケースを装着。

とりあえずケースだけですがいい感じです。

角度も比較的広い範囲で決められるので、スマホをナビ代わりに使うときでも、運転席からでも見やすい角度に設定できます。

もちろん、ホールド性も問題無し。
iPhoneのボタンを押してもぐらついたり外れて落下してしまうこともありません。印象としては、iPadなどのタブレットでも問題なく使えそうです。

実際に使っている写真はこんな感じです。

スマホをデータロガーアプリで使うときもいいかもしれませんね!
最近はカートの帰りにYouTubeで息子と一緒にその日のレースを振り返ったり、Amazonビデオで映画とかアニメを見ながら帰ることがあるのですが、実はスマホの置き場所に困っていたんですよ。

でもGRIPMAN+カーマウントなら動画を見るときもこんなふうにかなりいい感じです。
(※動画を見ながらの運転は危険です)

GRIPMANは予想通り
車載使いが最高!!
と勝手に決めつけておきます(笑)

まとめ

最初見た時は、う〜んかさばりそうって思ったのですが、使ってみて感じたのは圧倒的なホールド性の良さ!普通に持ってもしっかりホールドできるので小指をかけなくても持ちやすいです。

ですのでスマホ指で悩んでいる人にもいいかもしれません。

また、車載ホルダーとしての使い勝手もとてもいいです。もちろん、僕のように「スマホに直接貼りたくない」という人は100円ショップでケースを買ってくれば問題ないでしょう。

GRIPMANが気になる人は、Amazonで販売しているそうなのでチェックしてみてください。

GRIPMAN公式サイトはこちら

集客の突破口を開くメルマガ
登録はこちらから

登録はこちらのフォームから。

メールアドレス 必須 

お名前(姓)