ホーム » WEBマーケティング » コピーライティングが弱くてもカバーする方法
a

コピーライティングが弱くてもカバーする方法

Share on facebook
Shaer
Share on twitter
Tweet
Share on pinterest
Pinterest
Share on print
Print

コピーライティングは難しいと思う方は少なくないと思います。

実際、コピーライティングの出来でサイトやチラシの反応率は大きく変わる。

それくらい重要なわけですが、コピーライティングのスキルを一朝一夕で伸ばすことはなかなか難しい、というかほぼ不可能です。

そんなに難しい?!
だとしたら、あなたは諦めますか?

もちろん、諦めるなんてそんな必要はありません。コピーライティングが弱くても、カバーできる方法があります。

強力なオファーを入れる

オファーとは、「提案」という意味ですが、マーケティングの世界でよく言われていることに、こういうことがあります。

「弱いコピーを強いオファーでカバーすることはできるが、弱いオファーを強いコピーでカバーすることはできない。」

つまり、あなたからのオファーが、強力であればあるほど多少のコピーライティングのまずさはカバーできるということです。

ただ、オファーで失敗する人は、どうしても弱いオファーを設定するので、こうなっているとコピーがよくできていても
反応率は大きく下がります。

オファーのポイント

ユーザーはあなたの商品やサービスで、本当に望みが叶うのか?
という不安を持っています。

それは、その商品やサービスを使ったことがない以上はしかたがないことです。ですから、不安を払拭できるものをオファーにする。ということが大切なポイントになります。

その上で、言葉は悪いのですが、理想を言えば「断るほうがバカ」と思えるくらいのものをオファーとして用意します。

また、割引や期間限定などのオファーの場合は特にそうですが、この時には、必ず根拠を明示するということも大切になります。

例えば、「3日間だけの特別価格」とやったとしても、お客様はこう思います。「どうせ、来週も同じ値段で広告だすんだろ」と。

ですから、なぜ特別価格なのかその理由をしっかり説明することも大切です。

オファーを間違えると、関係ない人が集まってくる?!

例えば、リフォーム業者が集客のオファーとして「ディズニーランドペアチケットプレゼント」としたらどうなるでしょうか?

恐らく、リフォームなど興味は無く、単にディズニーランドのチケットが欲しいというだけの人が多く集まるのではないでしょうか?

そんなバカな話しなんて思うかもしれませんが、ある保険比較サイトでは似たようなことをやっているわけですが、それで問い合わせをしてきた人にFPの方が面談に行くと「別に保険に入る気はないですよ」で終わりです。

それではお金をかけて集客しても、全く売上には繋がりません。売上げにつながる見込み客を集めなければ意味はないのです。集めたいのは、あなたの商品やサービスに興味があるという人です。

ですから、オファーの内容はフロントエンド、バックエンドとの関連を持たせたものを設定するということが大切です。

相手は誰なのか?目的は?

オファーを提示する相手は誰なのか?

つまり、新規集客が目的なのか、それとも既存客のリピートを促すことが目的なのかということです。

この目的によって提供するオファーも変わってきます。

特に新規集客を目的としたオファーの場合、その目的は、「買ってもらう」ということだけではありません。

商品やサービスに興味がある人に手を上げてもらうことで優良な見込み客を集めてリスト化することです。

まだ、あなたの商品やサービスを体験したことがない人にどんなオファーが魅力的か、またどんなオファーなら受け
取りたいと思うかを考えてみましょう。

最後に

大切なのは、オファー自体が集客の仕組み上に存在しなければ意味がないということです。

うまくいかない人は、その形だけを見て「そうか、オファーだな」とか「そうかフロントだな」という
感じで、流れを無視した商品などをフロントに置いたりします。

例えば、フロント=安く商品というような誤解をしている人も少なくありません。

同様にオファーも、例えば無料オファーだからと言って「タダであげてもいいもの」を提供するのでは意味がありません。オファーは、何も商品を無料であげたり、割引することだけがオファーというわけではないんです。

最高に強力なのは「無料で有料の価値があるものを提供する」ことです。

どんなオファーが作れるか考えてみましょう。

RECMMEND こちらの記事も人気です

Scroll to Top